人手不足の解消のために

園児と先生

待機児童問題がメディアで取り上げられるようになり、保育士の人手不足が社会的な問題となりました。その打開策として、パートの求人を募集したところ、有資格者をある程度獲得することができるようになりました。特に、資格は持っていても、なかなかフルタイムで働くとなると躊躇をしていた女性たちがパート求人に応募するようになったのです。パートの保育士の仕事内容は、正規の職員の補助的業務が中心となります。子どもたちと触れ合う機会も多いですが、やはり正規職員の指示のもとに仕事をすることになるのがパートの職員です。しかし、資格を生かして働くことができるので、応募が増えています。

家庭と仕事の両立

園児と先生

資格を持っている女性であっても、一度家庭に入ってしまうとなかなか復帰することが難しいというのが保育士の実情でした。ところが、パートの求人が増えたことにより、職場復帰へのハードルが低くなったと言われています。いきなり正社員で働くとなると、家庭と仕事との両立が難しく、躊躇してしまう人が多数いました。ところが、パートの求人募集が増えたことにより、家庭と仕事を両立しながら働くことができる様になったのです。子供が小さいうちはパートの保育士として仕事をしつつ、子供の手が離れたら、満を持して正社員として完全復帰を果たすという働き方も、定着しています。このように、保育士の資格を持つ女性が、働き方を選べるようになりました。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3